【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢

看護師

脳周辺に腫瘍ができます

医者

さまざまな症状が出ます

脳腫瘍の中でも脳の外側にあり、頭蓋骨の裏側に当たる硬膜に腫瘍ができる症状を髄膜腫といいます。脳腫瘍の2割がこれに当たります。髄膜炎は女性ホルモンとの関係が認められており、特に女性に多く発症します。脳腫瘍が大きくなると脳や神経を圧迫するためにさまざまな症状が現れます。頭痛や吐き気、手足のけいれんが主なものですが、発症する部位によって異なっていきます。物忘れなどの記憶障害や、視力や視野が低下する視覚の障害が出る事があります。また、顔面の痛みや麻痺などと共に聴覚の障害が現れる事もあります。いつもとは違う症状に不安を感じる事もありますが、脳腫瘍は早期に治療することで回復に向かいます。特に髄膜腫はほとんどの場合他の部位に転移することが少ないため、気持ちをしっかり持って治療しましょう。

部位により症状が違います

脳腫瘍の出来る位置によって症状がさまざま起こりますが、その症状によって脳のどの部分に腫瘍ができているか推測することができます。前頭部に腫瘍ができると物忘れなどの記憶に関する障害や、歩行障害と共にけいれんを起こすことがあります。頭頂部分に腫瘍ができた際には手足の痺れが、後頭部周辺では視覚障害を引き起こすことがあります。細かな診断はCTやMRIなど、造影剤を使用した画像検査により行います。脳腫瘍は必ずしも症状が現れるとは限りません。初期の場合、無症状にもかかわらず健康診断で見つかるケースもあります。腫瘍が小さいうちに摘出手術を行う方が簡単ですが、できている部位によっては全部を摘出することが難しいこともあります。そんな際には放射線治療を併用しながら対応していきます。

Copyright© 2015 【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢All Rights Reserved.