【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢

看護師

頭部以外のがんにも使える

先生

頭部の固定も楽にできる

サイバーナイフは放射線治療に用いられる最新の装置のひとつです。当初は頭や首にできた悪性腫瘍を治療するために開発されました。その後改良や研究が進み、現在では頭部以外でも体のさまざまな部位にできた良性腫瘍や悪性腫瘍の放射線治療に活用されています。具体的には、頭蓋内に生じた腫瘍のほか原発性および転移性の肝がん・肺がん、前立腺がん、脊髄の動脈・静脈にできた奇形などに対処できます。ただすべてに健康保険が適用されるわけではなく、前立腺がんや脊椎に転移したがんは保険適用外となっています。サイバーナイフと似た装置にガンマナイフというものがありますが、ガンマナイフと比べるとサイバーナイフの場合は頭蓋骨にネジでフレームを固定する必要がないというメリットがあります。しかしどちらにせよ放射線治療である以上、被爆による副作用が全くないとはいいきれないので、医師の説明をよく聞き納得した上で治療を受けることが大切です。

最新の自動追尾装置

サイバーナイフには、頭部の固定が楽にできるという特長があります。ただ一方のガンマナイフにもメリットはあり、頭部をしっかり固定するので誤差を非常に小さくすることができます。サイバーナイフではその点を改良するために、照射のたびに患部をスキャンして確定してからロボットアームが照射するという機能が備わっています。ここには非常に精度の高い自動追尾技術が用いられています。患者の呼吸やちょっとした動きなどで位置がずれても、その都度修正して放射線を照射することができるのです。この機能により、ガンマナイフでは頭蓋内など頭部のがんへの照射しかできなかったのが、サイバーナイフでは肺・肝臓・前立腺、さらに悪性の場合に限り甲状腺にできたがんに対しても治療ができるようになりました。

Copyright© 2015 【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢All Rights Reserved.