【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢

看護師

研究や実験から生まれる

先生

濃度などに注意

免疫沈降では抗体の特性を理解する必要が挙げられており、また、多く結合できる結果よりも確実な結合が重要になり、両方試すためにも試薬を揃える必要があります。また、バイアルから担体の分注を何度も繰り返すことによって、均一に調製したものの、スラリーが濃くなる場合があり、対処法として保存液をバイアルに追加する手法がありますが、スラリー濃度に注意を払うためには目盛付試験管に移し、調製を行うことにより、濃度を均一に保つことが可能です。医療などに応用できることから、実験手法別製品によるサンプル調整を行う機関も増え、免疫沈降に関する技術情報あるいは知識を持つことにより、失敗することなくタンパク質濃縮などに結び付けられます。

担体の選択

ヘルスケアなどにも用いられる実験や研究の中には、組織や細胞などから抽出するサンプル中にタンパク質があるか、定性的にチェックする手段として免疫沈降が提案されています。抗原と特異抗体が結合することによって、複合体となり、種となるProteinASepharoseなどへ結合させて遠心分離によって回収する流れが特徴となります。免疫沈降では、細胞の溶解からはじまり、抗原と抗体の結合、ProteinASepharoseなどを加えて遠心分離した後、沈殿を回収して、遠心分離させたり、上清を回収して検出などを行います。この時にポイントとなるのが担体の選択で、抗体となる動物種やサブクラスなどの特性を把握することによって、親和性のチェックが容易に行えます。

Copyright© 2015 【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢All Rights Reserved.