【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢

看護師

脳周辺に腫瘍ができます

医者

脳腫瘍の中でも女性に多く発症するのが髄膜腫です。脳腫瘍は脳の部位によって記憶障害や歩行障害、視覚や聴覚障害などが起こります。腫瘍が小さなうちに摘出手術を行うか、全摘出が難しい部位では放射線治療との併用で治療を行います。

詳しくはコチラ

頭部以外のがんにも使える

先生

サイバーナイフは自動追尾機能を備えた放射線治療装置です。従来のガンマナイフという装置では頭部のがんしか治療できませんでしたが、サイバーナイフは肝臓や肺・前立腺などのがんも治療することができます。照射する部位によって保険が適用されるかどうかが異なるため、まず医師によく説明してもらうことが大切です。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • 肺がんに関する専門サイト

    資料の請求を行なうことができるようになっています。肺がんの免疫療法を細かく確かめておきたいならこちらを見てみるといいです。

がんの新しい第4の治療法

医者

この治療法への今後の期待

免疫療法の中で、患者さんの血液から免疫細胞を採取して増殖・活性化させ、もう一度体内に戻すという免疫細胞療法と呼ばれる治療法があります。この治療法は、他の療法を行った後に再発のリスクを下げるために行うのが適しているとされます。しかし、三大療法での治療が行えないと言われたがんであっても治療出来たという場合があったという事から、三大療法の代替え治療としてや補助治療として有効だという事が分かっています。しかし、現在の医療技術では免疫療法単体での治療で改善する事は難しいため、新しくこの治療法の研究を続けられています。このような事から、三大療法で治療出来ないと言われた患者さんの最後の希望として、今後注目されていく事になるのではないかと言われています。

免疫細胞を利用した治療法

手術療法・放射線療法・化学療法などががんの基本的な治療法である三大療法と呼ばれています。免疫療法はその第4の治療法として近年注目を集めています。私たちの体の中にいる免疫細胞は、様々な病原体やがん細胞を異物と認識して攻撃してくれます。この免疫細胞の働きを活性化するという治療を行うのが免疫療法です。免疫療法は、外科手術・放射線療法・化学療法では外部からの力を借りて治療を行うのに対して、自分の元々持っている力で治療を行うため、副作用や後遺症などが少なくて済む治療法だと言えます。しかし、免疫療法自体は効果が弱かったりするため、三大療法などの補助治療として行ったり、他の免疫療法を併用して治療が行われています。

研究や実験から生まれる

先生

どの担体を使って免疫沈降を行うのか、種の違いによっても結合性には違いが生じることもあり、実験や研究を行う場合には知識や製品のマニュアルなどを細かくチェックすることも難なく結合させるための近道となります。

詳しくはコチラ

Copyright© 2015 【自分自身に助けてもらう】免疫療法という新たなる選択肢All Rights Reserved.